中野ひこにゃんダンディーくんのもんまり時事評論

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.カネコアツシ
2.Megadeth
3.VIERA
4.不動裕理
5.ターボアウトラン
6.30minutes
7.昭和三陸地震
8.ラーゼフォン
9.豆板醤
10.ローゼンメイデン オーベルテューレ

◆JPOPランキング◆
着倒れ方丈記 HAPPY VICTIMS 物質社会、消費社会の犠牲者たち。
自分が働いて稼いだお金を何に使うか。
現代ほど、その選択肢が多い時代もないのかもしれない。
昔だったら、三種の神器ではないが、テレビ、洗濯機、冷蔵庫を買って、子供ができたらマイホームを建てて、そして、マイカーを購入し、テレビで見た幸せそうなアメリカのファミリーのような生活を目指せばよかった。そう、幸せとは、そんな世界だった。

でも、今は違う。
アメリカの完璧なファミリー像は崩れ去り、日本人たちは何を目指せばいいのか、理想像を見失う。今、僕らは自由な世界に生きている。その分、個人個人が自分の理想像を模索しなくてはならないのだ。

また、現代は記録の時代。
あらゆる情報を記録として手元に置く時代だ。
昔は、その機能は国が担っていた。
図書館、博物館、美術館、個人では集めきれない情報を収集し、保管し、展示する機能を持つ施設。
万博というイベントも、世界中を旅してまわることができない人間が、一度に様々な世界の事物に触れることができる夢のような場所であった。
だが、音楽をi podに何万曲も持ち歩き、写真をコミュニケーションツールとして持ち、映画を携帯端末から買って観れる時代に僕らは生きている。世界の様々な事物ですら、ネットを通じて見ることができるのだ。そんな時代に、万博の持つ夢を果たして僕らは享受できるのか。

着倒れ方丈記とは、あるブランドが好きで、それにハマり、着るということよりも収集するという行為に熱中する人々の姿をブランド、生活する部屋とともに一緒に収めた写真集だ。HAPPY VICTIMSというタイトルの通り、彼らの表情は非常に前向きであり、幸せそうだ。それは、彼らのスタイルの表明であり、生き方である。

これほど、様々なものに囲まれて生きる僕らは、何を選んで買うか、どんな友達がいるか、どんな恋人がいるか、どんな職業についているか、どんな部屋に住んでいるか、どんな自転車に乗っているのか、どんなご飯を食べているのか、そういう情報をカテゴライズされた世界で生きている。ブログはその最たるもの。

そういう時代においてカタログ化された雑誌、本、DVDが多く世の中に流布している。
そういう時代を反映した都築響一の作品の1つ。

されど罪人は竜と踊る9 (ガガガ文庫)  浅井ラボ先生の小説「されど罪人は竜と踊る」の最新巻が出ましたが、前巻のラストでアナピヤを失いジヴーニャと別れる羽目になったものですから、冒頭でのガユスのヘコみっぷりは見ているこちらまでヘコんできます。まあ今回に限らずこのシリーズはストーリーがダウナー系なんですけど。
 それでもガユスがジヴーニャの代わりを求めていたにせよ、半ば勢いで別の女と付き合ったり、女の方がガユスの心の隙に付け込んできたにしても、相手の心に昔の女が未だに住んでいると分かっていても付き合いを続ける所を見ると、人生というのはそうやって騙し騙ししながら月日を過ごしていくのかなどと生々しいことを考えたりします。

 そんな中、最悪の殺人者達<ザッハドの使徒>の1人アンヘリオがエリダナに現れ連続殺人を始め、それを迎え撃つため最凶の咒式士パンハイマがとうとう本編に登場します。片や殺人そのものを目的に殺人を行う殺人者集団、片やエリダナ屈指の戦闘力と権力、狡猾さを併せ持つ魔女とそれに率いられた一団、これら『混ぜるな危険』の人格破綻者達がぶつかり合えば、周囲の被害や犠牲などお構いなしの地獄絵図、阿鼻叫喚が繰り広げられるのは自明の理というわけです。

 さて、上で人格破綻者とひとくくりにしましたが、パンハイマは他人を傷付け苦しめることを呼吸や食事のように平然と行い、犯罪者スレスレなこれまた人格破綻者の部下達を率いてやりたい放題。しかもそれで罪に問われないよう駆け引きや謀略、権力、財力を駆使して自分の身を守っているというのですから始末に負えません。作中で重病に冒されもう長くないというように書いてありますが、あそこまでタチの悪い人格だと「嘘ぢゃ」と言ってケロッと復活しかねませんよ。
 一方<ザッハドの使徒>は、要約すると『殺したいから殺す』という理屈で残虐な殺人を次々と行っていく自己完結ぶり。私も創作をしているから分かりますけど、独自の理由や理屈を持っている敵との戦いは、主人公側が敵の論理の粗や矛盾を突いてきて、逆ギレした所を返り討ちというのが定番ですが、アンヘリオのような連中は殺人そのものが殺人の理由だから、突き崩す粗や矛盾が見つからないのです。
 このように同じぶっ飛んだ人格破綻者でもそれぞれ方向性が違いますが、どちらにしても社会に生きている人々の大多数にとってはなるべく関わり合いたくないという一点では共通してますね。
 そうそう、異常と言えばもう1人、パンハイマの娘でありながら、生きるか死ぬかという戦いの場に於いても愛と正義、救いを訴えるペトレリカのありようは聖女を思わせますが、され竜でそう言う行動は壊れフラグ立ちまくりだよなと思うのは私だけでしょうか?

 さて、以上を含めてこの先<ザッハドの使徒>達による血の祝宴はいかなる展開を見せるのか、ガユスの次の恋愛は長続きするのか、パンハイマはどこまでぶっ飛ぶのかなど、次の巻が怖い一方で待ち遠しいです。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン1 DVD-SET
Amazon Vine 先取りプログラム™ メンバーによるカスタマーレビュー (詳しくはこちら)
サンプル品ということで一話のみです。

エリオットとオリビアの二人の刑事が中心となって
ニューヨークでの性犯罪を捜査する特捜班の活躍が描かれています。
捜査が進むにつれ、被害者と加害者像がどんどん変化していき
ただの凶悪犯罪というだけでなく、
被害者と加害者の本当の姿が見えた時にどう裁くのか
重い課題を題材にした人間ドラマです。
1話完結のドラマですがクオリティは高いと思います。
登場人物が個性的ですが、私はむしろ個性的だからこそ
これらの犯罪に立ち向かう際に、感情移入しやすく
共感を得るのかなと思いました。
まだ、見たのが一話なのでこれからどんどん
面白くなる要素がありそうです。
こういうドラマは見れば見る程ハマると思います。

DVD-BOXなのにこの価格は大変安いですが
日本語吹き替えがないのが少々残念。
普段は洋画だと字幕派ですが
海外ドラマは吹き替えの方が見やすく面白いので…。
まぁ、慣れればどちらでもよくなるのかもしれませんね。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
ギャルランキング

today:022 yesterday:018
TOTAL:22614