うっかりルーキーごろちゃんのスペクタクル携帯ムービー館

アイドル画像ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ライコウ
2.秋元奈美
3.でんき予報
4.スマスマ
5.ジャン・ユボー
6.スマッシュコート
7.Killing Joke
8.幻想水滸伝 カードストーリーズ
9.DORE DORE
10.東本昌平

洋楽ランキング
絶対可憐チルドレン 30 (少年サンデーコミックス) 今までのようなただ寒いだけのオタクネタや腐女子ネタがほとんどなく、ストレス無しで楽しむことができました。
作者はあれを面白いと思って書いているのでしょうか?
無い方が絶対良いと思うんですが……。

今回ザハウンドの話がかなり魅力的でしたね。
過去編で出てきて二人きりの先祖もちゃっかり出てきて、とてもワクワクしました。
ザハウンド関係の話は全体的にとても好きなので親祖父世代含め、今後出番が増えると良いなぁ。

Songs For Heroes<赤盤> やっぱ、この声ですよなー。ほれぼれするような声の伸び。懐かしさだけでなく、どこか“未来”を感じさせるその声質。そして、彼ならではのシャウト。「子門真人っぽく歌うのは誰でもできるが、誰も子門真人のようには歌えない」。そんな、唯一無二の存在。この彼の歌声に思い入れの深い人は、きっとオレだけじゃなくいっぱいいることだろう。97年、コロムビアの“青盤”と同時に発売された、CDとしては初の、彼の《テレビまんが》仕事をまとめたベスト2枚のうち1枚がこれだ。
「ファイヤーマン」や、『電人ザボーガー』の2曲を代表とする熱いナンバーももちろんいいのだが、「ひとり旅」「夕陽のレッドマン」などにみられる、どこかしみじみとした無国籍風の表情も、またいい。
「猿の軍団」で鳴っているギターの音色が、『仁義なき戦い』のそれと同じだったり(どちらも作編曲は同じ人)、「輝け!PAT」の“ズンズン・ズビズビ・ズビズバー”という謎のコーラス、「闘え!ドラゴン」のスリリングなサウンドメイク(倉田保昭の怪鳥音入り!)など、彼の歌声以外にもツボ多し。
なお「王者!侍ジャイアンツ」は、番組でもほとんど流れなかったというレアな子門バージョンで、モノラル、ワンハーフ。ボーナス・トラックの「いつになれば」と「絵の具箱」は“たいやきくん”の年(76年)、二郎さん主演でオンエアされた連続ドラマの主題歌シングルに収められた曲―子門は2曲とも作詞・作曲を手がけ、ドラマにも出演―で、一連のヒーローソングとは違った、彼本来の持ち味(たぶん)、みたいなものがよく出ている佳曲だと思う(余談だが、当時ラジオで流れたこの曲のCMでは「絶賛発売中!」ではなく、どういうわけか「売れてません・・・。」と言っていたのが、やけに印象に残っている)。

UNLIMITED ∞ ドラマとキャラソンを見事にかっこよくまとめあげた一枚で二度おいしい秀逸の一品です。ドラマCDはかなり出来に良し悪しがあって微妙な場合が多いのですが、これは声優好きも作品好きも買って損なし「大当たり」です。ドラマ→曲→ドラマの繰り返しになるわけですが、演出がにくい!曲へ入る台詞が絶妙で次の曲の萌えをさらにさそいます。とくに終盤、遊佐さんの台詞からbreak+your〜に入るところはファン必聴です。歌はもちろん谷山さんがピカイチなわけですが、ソロ曲は最初あれ?兵部+皆本のUnlimitedに似てる?と思うのですが、曲名をみるとunlimited〜reloaded、なるほど!憎い構成!最初対峙する兵部皆本に加わって、皆本に加勢する賢木の心情を歌う歌詞に代えて、reloaded(弾の込めなおし)なんですね!しびれる!途中のモノローグもしびれます!もち中村さんもはずせません!あのあやうい高音と素敵なお声はしびれます。一生ついていきたいです(笑)
原作者椎名先生のブログによると、打ち上げで酔った遊佐さんは、「皆本のやつめ、10年後もNYで、あのバカは...賢木もこっちにこないであいつにつくとは..」と完全に憑依モードだったらしいです。それほどこのCD製作に打ち込まれたのですね!(笑)
アニメは最終回を迎えましたが、原作から目が離せません。アニメもぜひ続編を!三人の対決がみたいです。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
占いランキング

today:066 yesterday:039
TOTAL:18164