国木田独歩のお買い得情報をご紹介しています。

国木田独歩の通販人気ランキング           

  
国木田独歩のお買い得情報をご紹介しています。

  • SEOブログパーツ


無料ツールプレゼント中!
武蔵野

新品の出品:609円 中古品の出品:6,400円
コレクター商品の出品:6,980円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の代表的短篇小説。「国民之友」[1898(明治31)年]に二回に分けて「今の武蔵野」として掲載された後、「今の」を削って「武蔵野」と改題し、作品集「武蔵野」[民友社、1901(明治34)年]の巻頭に収録された。武蔵野の案内記としてして、武蔵野のたたずまいが曇りのない映像で描かれているとともに、感覚的、客観的、写実的に自然を描写している。真に近代的な自然文学として、日本文学史上に一つのエポックを画する作品である。
あらすじで読む 日本と世界の名作文学40選

新品の出品:1,260円 中古品の出品:469円
コレクター商品の出品:7,980円
カスタマーレビュー

武蔵野 (新潮文庫)

新品の出品:546円 中古品の出品:57円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー

牛肉と馬鈴薯

新品の出品:1,575円 中古品の出品:1,999円
コレクター商品の出品:5,000円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の短篇小説。初出は「小天地」[1901(明治34)年]。のちに第二作品集「独歩集」[近事画報社、1905(明治38年)]に収録。独歩における思想小説、哲学小説の代表作であり、宇宙や死の事実に率直に驚きたいという作者の哲学、人生観をテーマにした作品。「牛肉」は「現実」を「馬鈴薯」は「理想」を示している。
忘れえぬ人々

新品の出品:1,260円 中古品の出品:162円
コレクター商品の出品:6,980円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の短篇小説。初出は「国民之友」[1898(明治31)年]。後に「武蔵野」[民友社、1901(明治34)年]に収録される。溝口の旅人宿亀屋に泊まり合わせた無名の文学者田宮弁二郎がこれも無名の画家秋山松之助と自分の部屋で語り合ったことを、一篇の作品に仕立て上げた談話形式の作品。
牛肉と馬鈴薯・酒中日記 (新潮文庫 (く-1-2))

新品の出品:540円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー

酒中日記

新品の出品:1,365円 中古品の出品:1,147円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の短篇小説。初出は「文藝界」[1902(明治35)年]。のちに第三作品集「運命」[左久良書房、1906(明治39)年)]に収録。テーマは運命観の表白にある。悲劇の歴史的社会的要因として、日清戦争頃の教師への重圧という教育制度が設定され、個人的要因として主人公の性格的欠陥が悲劇の形成に作用している。また社会批判を伴った力作として、その形象化の筆力や骨格の大きさから言って、この時期の独歩の第一級作品ということができる。
怠惰屋の弟子入り

新品の出品:2,100円 中古品の出品:251円
コレクター商品の出品:7,980円
カスタマーレビュー
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。
百代の過客 〈続〉 日記にみる日本人 (講談社学術文庫)

新品の出品:1,995円 中古品の出品:1,450円
コレクター商品の出品:9,980円
カスタマーレビュー

号外/少年の悲哀―他六篇 (岩波文庫 緑 19-4)

新品の出品:378円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
詩人としての独歩と散文家としての独歩とが最も鋭く対比される八つの短篇.ワーズワース的な田園抒情詩ともいうべき『少年の悲哀』『春の鳥』,現実凝視の素描的作品『窮死』『疲労』,そして『号外』『二老人』における諧謔と機知の世界への回避.『湯が原より』『あの時分』における現実と夢との調和.
女難

新品の出品:1,890円 中古品の出品:730円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の短篇小説。初出は「文藝界」[1902(明治35)年]。のちに第二作品集「独歩集」[近事画報社、1905(明治38)年]に収録された。「或男」の回想から始まり、銀座の雑踏のなかで悠然と尺八を吹く盲人の悲しい生い立ちが中心に、具体的に描かれている作品。女を「諸悪の根源たる婦女」という認識は、独歩の生涯が担った女性認識だったと言える。
富岡先生

新品の出品:893円 中古品の出品:411円
コレクター商品の出品:6,980円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の短篇小説。初出は「教育界」[1902(明治35)年]。のちに第二作品集「独歩集」[近事画報社、1905(明治38)年]に収録された。幕末の長州(萩)藩士である富永有隣をモデルにした作品。冒頭から一息語りついで、富岡先生の面目躍如たらしめ、また地名をあえて記さないことで、維新のかげに埋もれていった人たちを普遍化しているといえる。
ほんものの友情、現在進行中! (読書がたのしくなるニッポンの文学)

新品の出品:1,050円 中古品の出品:464円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー

初恋

新品の出品:1,995円 中古品の出品:698円
コレクター商品の出品:5,980円
カスタマーレビュー
明治時代の詩人、小説家である国木田独歩の代表的短篇小説。初出は「太平洋」[1900(明治33)年]。のちに作品集「武蔵野」[民友社、1901(明治34)年]に収録された。少年の日々の回想で、「僕」が語る形をとった作品である。生意気盛りの「僕」が、頑固な漢学者の大沢先生宅を尋ねるうちに、そこで出会った孫娘の愛子や下男の太助を通して、そんな生意気な小賢しい風も次第に失せてしまったという他愛もない話。
竹の木戸

新品の出品:2,100円 中古品の出品:438円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
明治時代の詩、小説家である国木田独歩の晩年に書かれた短篇小説。初出は「中央公論」[1908(明治41)年]。のちに第五作品集「独歩集第二」[彩雲閣、1908(明治41)年]に収録された。やさしくて意気地なしの夫とそれに苦渋する女房との貧しい夫婦の話。社会の貧困の中でも底辺に位置するといえる、人間の、他者への善意・温情をもってしても救われることのない現実がうかがわれる作品。

Copyright (C) 2013 国木田独歩の通販人気ランキング All Rights Reserved.